オリジナルTシャツを作りたいと思ったなら業者が最強

たくさんのTシャツ

印刷できる種類

定番は版による印刷

Tシャツのプリントを行ってもらうとき、最も定番となるのは版による印刷です。いわゆるシルクスクリーンとも呼ばれるこの方法が、多くのTシャツプリントショップで取り扱われています。
製法としては、いわゆる版画のような作り方で、色ごとにインクを型抜して印刷して、その版を重ねていくことでインクをTシャツに対して定着させて、狙ったデザインをプリントできます。
一回版を作ってしまえば再発注が安価にできる点も魅力で、定番のロゴプリントなどを依頼するときなどには特に有用です。
ただし、版を重ねる都合で細かなデザインには向きにくいことと、版を作る量が増えれば当然インクの量も手間もかかるため、高額な印刷料金になることがネックです。
反対に、シンプルなデザインのプリントTシャツを量産するのなら、間違いなく最も使いやすいのがシルクスクリーン印刷です。
大きなデザインにも対応できる業者があるため、デカプリントにも対応できます。

プリンタで印刷する

Tシャツにプリントを施すときには、紙にインクジェットプリンタで印刷する感覚で、Tシャツの生地にインクを吹き付けることで印刷するようにプリントを施す手法もあります。
インクジェットプリントと呼ばれることもあるこの手法は、版を作る必要が無いため少量生産にも柔軟に対応できるのが特徴です。
また、紙にプリントする感覚と同じような扱いで利用できるため、細かなデザインやグラデーション加工を施すなど、細部のディテールにもこだわりのあるオリジナルTシャツが作れます。
また、同じような手法で転写プリントと呼ばれる手法の場合は、熱転写シートに先にデザインを印刷してから、そのシートをTシャツに定着させる印刷方法をとります。
ですから、写真プリントを検討する場合は熱転写シートを活用するほうが向いているといわれています。

特殊な加工

Tシャツに施せるプリントには、金箔加工のような特殊な加工もあります。
デザインにそってシートを貼り付けることで実現するのが金箔加工の特徴で、インクとは全く違う風合いになるのが魅力です。
また、インクと言っても透明インクを利用すれば、ボディの色を活かしたデザインができます。
そして、発泡インクと呼ばれるものを利用すれば、印刷したプリント部分がもこもこと膨れ上がる独特かつ柔和なデザインに仕上げられます。
コストは高くなりやすいですが、こういった特殊な加工を検討することもできます。