オリジナルTシャツを作りたいと思ったなら業者が最強

たくさんのTシャツ

大量ロットでオトクに

できれば多く発注

Tシャツのプリントの定番はシルクスクリーン印刷です。この方法を使っている場合は、できる限りたくさん商品を発注するほうが安くなります。
版さえ作ってしまえば後はひたすら印刷する作業を行うだけで済むシルクスクリーン印刷は、たくさん作るほうが印刷料金が安くなる料金設定になっていることがほとんどです。
また、たくさん発注するということは、ボディとなるTシャツそのものも安く買い付けられるということにもつながります。
つまり、材料費も加工費も安くすることができる結果、最終的な見積価格が安くなるのがシルクスクリーン印刷によるTシャツプリントの特徴です。
ユニフォームを作ったり、制服を作ったりする場合には、大量ロットになるようにできれば多く発注しておきたいところです。
一定の枚数を発注すると大きな割引やサービスを受けられる業者もあるため、そういった意味でも大量ロットでお得になることは見逃せません。

納期に余裕を持つ

Tシャツのプリントを発注するときには、納期に余裕を持つことも大切です。納期が早い指定をするということは、工場スケジュールに割り込む形になるため、どうしても手数料がかかりやすくなります。
実際には短納期手数料を取るわけにも行かない部分もあるため、反対に納期に余裕がある早めの発注を行うことで、工場スケジュールのスキマ時間を利用して生産してもらうことができます。
プリントしてもらうサービスを手軽に空いた時間で行ってもらうことは、工場にとっては時間の上手な活用ができる恩恵があり、その還元としてお得な料金設定でサービスを利用できるのが特徴です。
ミスプリントが万が一起きた場合でも納期に余裕があれば修正対応を依頼する時間も持てるため、様々な意味でTシャツのプリントには納期に余裕を持つことが大切です。